2010年08月22日

洗濯槽クリーナー使うのってワクワクしません? #spaceclearing

 純さんのおそうじ家庭教師のおかげで掃除づいているので、しばらくスぺクリネタを更新できそう。Hack ネタもね(オフィス機能化すると当然そうなる)

 5年ぐらい使ってきた洗濯機、ここにきて突然内側からぴろぴろわかめが浮いてくるようになったので(1年ほど前に試したが、空振りだったほど、今まで一度もなかった)、評判をもとにシャボン玉石鹸の洗濯槽クリーナーを買ってみた。酸素系漂白剤一袋でもいいそうなのだが、アマゾンで即日配送できるのがこっちだったのだ。



 さっき届いたので今日は結局できなかったのだけど、洗濯槽クリーナーかけるのって、すっごくワクワクしません? 「いったいどれだけぴろぴろ出てくる〜」って(笑)。すごく楽しみなんだけど、私だけかなあ。違うよね?

posted by 石とも at 22:34| スペクリ&お片付け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

掃除の家庭教師1

ローフードのブログにアップしたのですが、
「スペースクリアリング」のカテゴリーに入れておきたいので、
こちらにリンクをはっておきます。

3回ぐらいのシリーズで教えていただいたことの
シェアものせていきますので
チェックしてみてくださいね。

1回目はこちら。
http://rawbeauty.seesaa.net/?1282362329

jun1.jpg

jun2.jpg

jun3.jpg



(追記、久々にこちらのブログの写真を見たら、やっぱり少しずつものが増えている。。。そろそろ物を減らす時期のようです)
posted by 石とも at 13:33| スペクリ&お片付け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

2009年12月21日の我が家は、こんな感じ #spaceclearing

バス・ルーム。
bath.jpg

キッチン。
kitchen.jpg

ダイニング。
table.jpg

ベッド。クッション並べてソファ代わり。
bed.jpg

椅子。ついに「脱いだものの置き場所」でなくなった。
chair.jpg

ランドリー・スペース。ついに「洗濯もの干しっぱなし」がなくなった。
laundry.jpg

クローゼット。カットソーが増えたので畳んでしまう場所を作った。
closet.jpg

チェストの中。バレエのレオタードとタイツ類。
chest.jpg

最大の難関、デスク。
desk.jpg

【所感】
テーブルクロスを白にしたい。
「整理」はできたので、今後は一層「スタイリッシュ」にしたい。

posted by 石とも at 22:20| スペクリ&お片付け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

ああ恐ろしや、恐ろしや #spaceclearing

 実家に行って超びっくり。ぐちゃぐちゃだったオフィスがすっきり整頓されて、私のためのスペースが作られている!

 ガレージにまだ大量の荷物があるけど、「全部捨てる」と父が言う。

 そして、新しいPCが導入されたので(sugarsyncでデータは同期されているので)、がんがん用事が片付く。ローフードのブログを3つも更新してしまった。

 いちばんおそるべきは……。

 実家のほうがかえって自分の住まいと違って、「洗うべき皿」や「たたむべき洗濯もの」や「こするべきバスタブ」がないため、こっちのほうが仕事しやすくなっちゃったこと????

 スペクリの神、実家にご降臨。

posted by 石とも at 18:00| スペクリ&お片付け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

服・大放出

 朝、掃除をしていたら、急に服を放出したくなって、大クリアリング大会になってしまった。

 先日、代官山で服を買ったときに、好みがあって予算が許せば、上から下までコーディネートして買っちゃう、というのは、時間的にもスペース的にも本当に無駄がない、と感じた。ブティックAのトップとブティックBのボトムとブティックCのコートを合わせてデザイナーが考えた以上にかっこよくコーディネート、なんていうのは、プロのスタイリストの技術なのです。クローゼットの中にあるもののなかで、単品で気に入っていても「何か買い足さないとコーディネートの用をなさないもの」は、全部放出した。

 と、書いてみたが、婦人服の世界では「好みがあって予算がゆるす」お店を探すのが大問題なわけですが……。
 だから服自作してたんですけどね。

「流行」というものに翻弄される近代資本主義のなかでは、街に出て自分の好みの婦人服を探し当てることはいつも「ギャンブル」になってしまう。おしゃれが嫌いなのは、このギャンブリング感がいやだったから。それで服作ったりあれこれ抵抗してきたわけだけど、やっと落ち着きどころを見つけつつあるのも、「自分の立ち位置をクールに眺めることができる」ローフード効果か。

 今度のお店は、ちゃんといいお付き合いになるような気がして(海外ブランドだがたぶんしばらく撤退したりはしなさそう)、ちょっと安心している。

 箱に入れて封までしたのに、一つもとに戻したものがある。それは、伊藤の卒業制作のダブル・ドレス。今「これも放出したよ」と思ってリンクを張ろうとしたら結構よくて(汗)、コインを投げたら「残して可」と出たので、残した。
 


posted by 石とも at 14:55| スペクリ&お片付け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

カレン・キングストンから小山龍介へのシフト。

 カレンさんの本は基本的に「ガラクタ退治」の本で、いらないものを家から出していく本です。
 これは、すべての整理のために重要です。

 でも。

 カレンさんの本は整理の第一歩で、整理については書かずに終わっています(彼女自身が「その前を書いた」といっているのですからしょうがないですが)。
 「整理」の技術がなかったら、家の中から物を全部なくさないかぎり、片付けられないことになってしまう。トランク一つで暮らしても、トランクの鍵をなくしてしまうでしょう(笑)。

 カレンさんが目指しているのものも「お気に入りのものが気持よく整理された家」であって、「何もない家」ではありません。
 お気に入りのものを残したら、「気持ちよく整理する方法」を学ばないと。

 カレンさんが提唱するのは、「愛していないものとの別れ方」であり、小山さんが指南するのは「愛するために残したものとの付き合い方」といえるかも。

 というわけで、カレンさんの本が私にとってのライフ・オーガナイzジングの旧約聖書、小山さんの整理Hacks! が新約聖書?

 一応、聖書のご紹介。





でも、食べものはこれもよろしく^^



 
posted by 石とも at 23:00| スペクリ&お片付け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

「インテリア」ってこうして作るんだ〜

 くりすたりうむに行ったときの続き。

 サロン内のインテリアが大変素敵で、「どうやってこんなの作ったんですか?」と、質問がそっちのほうにばかり行ってしまった(笑)。

 賃貸ではあるがオフィス・ビルなので、原状復帰さえすればかなりの改造が可能だったそうで、ペイントされた窓枠やアンティークのドアなど、「日本の家でもここまでできるんだ〜」というアイディアが満載だった。部屋の珪藻土の壁は、御自分で塗られたそうだ(大変だったでしょー)

「どうやってアイディア出したんですか?」と聞いたら、「これを参考にしました」といって、南ヨーロッパのインテリア・ブックを見せてくださった。

 そうか、何か自分の好きなのを見て参考にすればいいんだ、と、初めて気がついた(なんでそんなこと今まで気がつかなかったんだ?)
 そういえば、スザンナも、「セドナ・スタイル」という本を見て家をデコレイトした、といってた。

 突然、自分の部屋のインテリア計画がわいちゃった(笑)(単純)。ものがオーガナイズされて、やっと、「デザイン」を意識したお部屋に住める日がそこまで来てるか?




posted by 石とも at 12:19| スペクリ&お片付け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

アマゾンは中古品で頼む理由

 自分も本を書いている身として、本は新品を買ってあげたいなあ、という気持ちもじゅうじゅうあるのだが、アマゾンは最近中古(マーケット・プレイス)一辺倒。

 理由は……。

・封筒で来る。(ダンボールをいちいちたたんだり下のゴミ捨て場に持って行かなくてよい)
・郵便またはメール便で来る(不在でもポストに入っている。受け取る時間を気にしなくて良い)
・汚れている、書き込みがあるぐらいがちょうどいい(実は「汚れている」とか「書き込みがある」という視覚情報が、本を読むとき頭に入るアンカーになると思うのだが)
・なぜか、書き込みがある方が値段が安い(たとえ自分に興味のない箇所に書き込みがあっても、それが知的刺激になると思うんだけど。他人のものの見方がシェアされてどうして価値が下がるんだ?)

 さらに、今、私は本をばらしてスキャンして保存するので、手が切れそうな新品の紙より、古いほうがなんとなく裁断機のメスを入れるのに抵抗がない。「寿命をまっとうした」という感じ。(「一番風呂」が苦手な性質と似ている?)

 「マーケットプレイスで1clickで買う」をぽちしたら、出品者にすぐメールを送る。メールの文は用意してある。

「ただいま商品を注文しました。2点お願いいたします。
1、領収書の同梱をお願いいたします。品代と送料をプラスしたものをお願いします。
2 梱包の際、内側の梱包(ビニール、ぷちぷちなど)はなくて結構です。クッション封筒でない場合は、本の形に合わせて封筒をおってテープで留めていただくようお願いします。
なお、コメントなしは「満足と感謝」とお考えいただければ幸いです。ありがとうございます。
以上ご協力よろしくお願いいたします。
商品の到着を楽しみにお待ちしています。」


 そんなことしているうちに、「はたして著者は新品で買ってくれる読者が好きなのか?」という問いに別の仮説が出てくるようになった。ものかきというのは、書き込みして、スキャンして、それでも何度でも読みたいと思うほど本からエキスを吸い上げようとしてくれる読者が、新品でしっかり印税を払ってくれる読者と同じぐらい好きなんじゃないか。私はそうです。




posted by 石とも at 22:49| スペクリ&お片付け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

お風呂Hacks!

 毎日バスタブにちゃんとつかる、と決めてから、実行していること。

・お湯を入れ始めたら、必ずキッチン・タイマーをかける。
 5分なら下半身浴、7分だとおへその上ぐらいまでくる。

・「ピピピ」となったら、ちゃんと止めにいくこと(笑)(よく無視してしまう)

・5分〜7分ぐらいのお湯の量なら、捨てるのも惜しくない(1回限りは、どうももったいなく感じて、ついシャワーですませていた)

・ちゃんとタオル持っていくこと(笑)、室内物干しにかけっぱなしで、しょっちゅう忘れる。

・入浴剤、入れること。やっぱり疲れがとれる。今のところ、とくにお気に入りはなし。

・お風呂洗いは、so-net のクエン酸入りを使っているが、さっときれいにしたいときは、うんと薄めた合成洗剤も使う(Sちゃんが置いて行ったア○ウェイ)。手早くきれいさを保つ。

 
posted by 石とも at 23:04| スペクリ&お片付け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

それでも出てきた小人さん……

 すっかりきれいになった我が家なのに……
 この数日間で、ものすごく広くなった我が家なのに……(最近同じ階に住むリタイアードのおばさまと仲良くなったのだが、家に来た彼女は「あなた、ここで子供育てられるわよ!」といった)。

 それなのに……

 小人さん、出てきちゃった。

「小人さん」とは、私の責任とはまったく関係なく、突然出てきて家の中のものを隠してしまういたずらさんのことです。
 その存在は多くの人によって確認され、ミクシにコミュがあるぐらいです。

 小人さんの驚くべきことは、小さなもの(たとえばイヤリングとか)ではなく、大きなものがなくなるのです。
 
 今、先週のベジフェスでナッシェルさんで買ったアヴィヤンガ・オイルが出てきません。。。
 先週の金曜日にマッサージの先生に持ち込みで使ってもらうために持っていき、絶対に自宅に持ち帰ってきたはずなんだけど……。

 サンプルもらってすごくいい香りだったけどいいお値段だったのでガマンしていてやっと買ったやつなのに〜

 アーロン・チェアやiphone は、コメントなくしてもわざわざメッセで情報を教えてくださる方がいるのだが、オイルをなくしたときは自分が家にひとりでいたときだから誰に聞いても答えられるわけもない。密室紛失。

 家の中のものすべてが、PCに検索打ち込んだら出てくるといいのに。。。




twitter のアドレスは
http://twitter.com/tomoishizuka
です。

 
posted by 石とも at 23:25| スペクリ&お片付け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

掃除機、謎の復活

 掃除機との相性が悪くて何度も日記(mixi含む)に書いた気がするが、このアパートに引っ越してきたときにFRANCfranc で買った掃除機、エルゴラピード。

これです。


 最初っからパワーが悪いし、すみっこにノズルが入らないし。使わないでいるうちに充電しても動かなくなっちゃって、ダイニングの飾り物になっていた。
 
 処分するのも大きいのでずるずる1日延ばし、先日、ついにイケアのブルーバッグに入れて、渋谷のFRANC franc に持ち込んだ。

 お店の人がとってくれた見積もりでは
「電池切れしているので交換します。5000円ぐらいです。オーケーでしたらメーカーから直送しますので、代引きでお支払ください」

 ここまではいい。

「フィルターを交換希望でしたらあと1000円かかります」

 私の質問。

「あのー、『電池が切れています』っていうのはわかるんですけど、『フィルター交換希望か』といわれても、それが必要かどうかわからないのですが」

 お店の人はどうやらメーカーが言ったことをそのまま伝えただけらしく、

「メーカーに確認して連絡します」

 その後、何度か留守電にメッセージが入っていたのだが、「お伝えしたいことがありますのでまた連絡します」のみ。こちらからかけると全然つながらない。というわけで連絡とれず。

 それから一週間たった一昨日。
 クロネコヤマトさんが、いきなり荷物を届けにきた。

「あ、それ代引きですよね」
「いえ、元払いのみです。お支払いはなしです」

あれれ?

 荷物をあけてみると、外側はそのままなのだが、中が完全に取り換えられている。
 そして、電源オンしてみると、信じられないぐらいよく吸うのである。今までの不満はなんだったの!
 毎日ひまさえあれば掃除機かけたくなっちゃう(笑)。

 おそらく何らかの事情でメーカーの有責対応となったのだと思うが、FRANCfrancからの連絡はまだなく、結局何が起こったのかわからないまんま。





【追記・メーカーが代引きの手続きを忘れただけだそうです】
posted by 石とも at 23:14| スペクリ&お片付け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

帰れる場所さがし

「心の居場所探し」といったようなメンタルな話ではなくて、単純に「ものの行き場」「情報の行き場」といった、フィジカルな話。





 この2冊の本を参考に家の中をがんがん整理しているが、ようするに、ものも情報(ファイル)も、「帰れる場所」があれば、散らからない。はみ出してきちゃうのは「帰れる場所」がないから。

 もう一つは、取り出したりしまったりが面倒くさいから。
 スキャンがいいのは「帰れる場所ができる」「整然と整理できる」「必要か所がすぐに探せる」「出すのもしまうのも簡単」の4つの条件を満たすから(ただし、スキャなーが優秀じゃないとだめ。scansnap は処理速度がレーザープリンタより早い。裏面が白紙なら飛ばす、紙が重なると止まって教えてくれる、など想像を超えている)

 ところで、この「帰れる場所」というのを読んだとき面白いな、と思ったのだけど、

 英語で、TOEIC の文法問題もやはり「帰れる場所さがし」なんだそうだ。なぜなら、帰れる場所がどこかで、副詞か目的語(名詞・代名詞)かが決まるから。

 それから、先日WSに参加したバレエの先生がおっしゃっていたが、「バレエというのは、上体をひきあげておくことで、脚の帰る場所を確保しておく動きである(下がってしまうと脚の戻る場所がなくなる)」と。

 栄養も実は「帰れる場所さがし」で、処理されたくてもされずどこにも行けないと細胞の中にたまるしかない。

「それは、どこに帰るべきなのか?」が見えるって、「腑に落ちる」ことが多くて、すっきり気持ちよくなりそう。

 
 
posted by 石とも at 01:52| スペクリ&お片付け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「あなたの机の、何パーセントが見えていますか」?

 カレン・キングストン『ガラクタ捨てれば自分が見える』の中の、あまりに有名なこの言葉(116ページ)。



 そして、ついに「いっぱい見えてるますよ〜」と胸を張れるときがきたようだ。プリンターやレタートレイ(空です!)をのせているからそれなりに場所をとっているのでせいぜい50パーセントだけど、少なくとも、「未処理」の書類がない!

 スキャナー君(富士通のscan snap 1500。この日の日記)導入の効果が予想以上なのだ。

「スキャナーしてなんでもとっておくって、物置にため込んでしまうのと同じでは?」という疑問は杞憂だとわかった。スキャンして保存するのは、「もしかのときにとっておく」とは、むしろ逆ベクトルの行為である。物置にためこむのは「死蔵」に対し、ファイルに名前をつけるかぎり、整理整頓される。情報が、「使用可能」=アクティブな状態になるわけだ。

 なにしろ、「判断するのに時間をくわない」のがいい。
 1冊の本をスキャンするのに裁断も含めて5分ぐらいかかるので、5分かける価値がないと思ったときだけ捨てる。


 机の上を片付けましょう!デクラン・トレーシーという人が、まさにこの通りのタイトルの素晴らしい本を執筆し、世界でもっとも成功している企業家を何人か紹介して彼らの机には最低限の書類しか乗っていないことを書いています。机の上が整理されているのは、頭の中が整理されていること。整理された頭には、ヴィジョンと展望が開けます。あなたが書類に埋もれていたら、人生になかなか進歩が訪れないでしょう。
 きれいな机で仕事をすると、能率が上がり、アイディアがひらめき、仕事に充実感が生まれます。(117ページ)


 こういう引用だって「あれはどこに書いてあったかな?」 すぐにアクセスできて、こんなふうにコラムも短時間で書けちゃう。つまり、この情報はアクティブなのだ。
 
posted by 石とも at 01:27| スペクリ&お片付け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

使いやすさと美しさ

「捨てること」=クリアリングが一段落ついたので、ついに「収納」の本をいくつか見た。(スペース・クリアリングでは、一定量「捨て終わる」まで収納のことを考えてはいけないのだ!)

 とくにシステマティックで自分には使いでが良かったのがこれ。



 この中に書かれていたことで印象深かったことが、

「『使いやすさ』と『美しさ』は比例する」

 そっかー。私は「美しさ」を考えることがとにかく苦手だったのだが、使いやすくしていくと確かに自然と美しくなっていく、ということを部屋作りから学びつつあるみたい。

 IKEAで買ったHABOL の箱6個を使って服を整理したら、カレンさんいうところの「ひねくれ者の法則?」中のものを処分してもいいや、という気持ちになった(ごちゃごちゃにしまっていたときのほうが思い出が強くて手放せなかった)。
 これだけ整理してあれば逆に手放すのは簡単なのだ。人にあげるのも見てもらいやすいし。

 水着を5枚も持っている。1枚は競泳用、もう1枚は自作だが、残りの3枚はLAのベニス・ビーチで買った超セクスぃーなもの(プレイメイトが着られる!)。生まれ変わった自分の身体にちょっとお祝いがしたくて買ったのです。お店のショーウィンドウに武田久美子もびっくりの貝がらのビキニが飾られていて、しかもそれらの水着を全部セレクトしたのが20年前に逃げてきた元アフガン難民のおっさんという先入観をぶち破る組み合わせ(すごいスケベだが、愛用のJUKIのミシンで、ビキニのボトムをぴたりとおしりに合わせて直してくれる)。よくもあんな店に入って買ったものだと今思い出しながらクスクス笑ってしまう。これ、手放そうかな。どうしようかな。
posted by 石とも at 23:55| スペクリ&お片付け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ディープ・クリアリングのわけ

 なんでこんなに止まらなくなっちゃったんだろう? と思っても、考える前に手が動く。

 スキャナー ScanSnap S1500 が期待以上の性能であることがわかり、書棚からスキャンする本をばんばん取り出す。一冊ずつぱらぱら見ているので、記憶の刺激になり、とても良い。

 で、クリアリングが進んできたら、理由も勝手に見えてきた。
 
 片付ければ片付けるほど、次の仕事の映像が見える。

 まさに「ガラクタ捨てれば自分が見える」。スペクリ、恐るべし。
posted by 石とも at 23:34| スペクリ&お片付け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

がっつりディープ・クリアリング

 ここまでやるつもりではなかったのだが……。

 引出しをひとつきれいにしていくごとに気分が良くなっていき、次に進むエネルギーがどこからともなく湧いてくることに驚きました。
(ガラクタ捨てれば自分が見える 39ページ)




 この言葉が語る通りの状態で、ミシンまわり、クローゼット、文具や雑貨の引き出し、ベッドの下と、ほじくるようにクリアリングを進めてしまった(「しまった」というべきことでもないのだが……)。
 今はプロジェクトの谷間で、また次のプロジェクトに入るとこんなことやっていられる事態ではなくなるので、がっつりやってしまおうという気になっているのかもしれない。
 
 当然ながら、片付いてきた。がっつり。本質的にというかシステマティックに片付いてきたので、これ以上ちらかならない「仕組み」というのが、出来てきた気がする。

 そして、「もう見つからなーい…」と思ってあきらめかけていた折り畳み傘が出てきた^o^/ (旅行用カバンの中にあった)

 今日は半年ぶりにIKEAで収納道具を買い物。これについては別投稿。
posted by 石とも at 23:35| スペクリ&お片付け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

ミシンまわりのクリアリング

 ずっと「手放すか? どうしようか?」考えていたもの、それはミシンです。

 でも、「熱くどっぷり付き合う」のではなくて、「適切に手入れをして、距離を離して付き合え」ばいいのだと気づきました。
 ミシンとも「ウィーク・タイズ」でいればいいわけです。

というわけで、

・もうしょっちゅう使う関係ではないので、「手を伸ばせばすぐ届く位置に収納」はやめる(出しっぱなしだとほこりをかぶるし、さびちゃう)」ローラーカッター、小ばさみ、リッパー、ルレット、などはペン立てに立てていましたが、引出しにしまいました。

・ミシンは今まで布1枚をぱっとかけていたが(すぐ使える)付属のプラケースをかぶせておく(ほこりがつきにくい)

・ミシンそのものはしまわない(専用テーブルにセットされているのは断然使いやすい)

 今日は久しぶりに使いましたが(最近、縫うのは「すみっこ直線縫い」→雑巾とかちょっとしたクロスとかばかりになってしまいましたが)、せっかく縫うなら最高の道具で縫いましょう。あの貫布するときの気持ちよさがたまりませんものね。
 ちょっと手を入れたら、そこから発していた気がとってもリフレッシュしました。ベルニナ・アーティスタ185は、これからも我が家で楽しく働いてくれるみたいです。
posted by 石とも at 11:24| スペクリ&お片付け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クローゼット整理

 クローゼットをブラウズ。

・とってあった空き箱を捨てる(パソコンディスプレイ、保証期限を過ぎた)

・着なかった服を分ける このあたり↓
http://islsewing.seesaa.net/article/93232469.html

・欲しいものをチェック→ トップ、レギンス、ジーンズ、

 というわけで衣替え終了。

 と、そっちはいいのだが、置き場所に困っているものとして

・パジャマ

・レッグウォーマー(冬、仕事しているときに家でしている)

・エプロン

・毛糸の帽子(どうやってひっかけるの? 引出しにしまうと毎日出してくるのが面倒)

・キャミソール、Tシャツ、ババシャツ、ババキャミ(インナーとしてもアウターとしても着るもの)

・ボレロ(無印良品のネルのパジャマボレロです。今年はまだ出ていないようですが、とても便利です)

 これらを取り出しやすく整理する方法、探索中。
posted by 石とも at 10:17| スペクリ&お片付け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

書籍『少しの手間できれいに暮らす』

ブログ友molly さんがお勧めしていて
気になったので私も入手してみました。

>スコフィールドさんによると「整理の行き届いた快適な家庭生活」と「たっぷりの自由時間」は両立できるのだそうです。

の一言にやられました(笑)


『少しの手間できれいに暮らす あなたを変える77の生活整理術』
デニース・スコフィールド 小谷恵子訳 PHP 文庫
原題 Confession of an Organized homemaker



 文庫本1冊で相当役に立ちそうなtip があるので、今は2〜3ページぱらっとめくってぱっと目に入った

「動く前に計画する」(あとで机やキッチンがごちゃごちゃにならない)」
「収納場所は、家の10パーセント(それ以上は処分する、それより少ないとものがはみ出す)」
「先行投資としての家事(野菜を買ったら洗ってジップロックに入れてしまう、までがひとつながりのアクション)」

 この3つを実行しようと思います。

 どの本に書いてあったか忘れたが、頭の中で「やりたい!」と思いついたことのうち、8割は頭の中で没にするのがうまくいくこつだそうだ。これも意識中。
posted by 石とも at 13:49| Comment(3) | TrackBack(0) | スペクリ&お片付け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

オーガナイゼーション

 昨年の1月、日本に帰国した直後もIKEAにはまりましたが、今年も正月になるとはまっています。新年は、1年に1度、生活の見直しのとき。クリアリングすると、物に合わせて収納道具が欲しくなるからでしょう。IKEAのいいところ(成功しているところ)は、片付けの苦手な人でも、「こうすれば上手に片付けられますよ」と、スキルまで与えてくれること。ショールームやカタログのアイディアを見ているうちに、自然と片付け上手になります。それから、デザインがあまりにすぐれていて、自分の成し遂げたことに酔えること(笑)

 キッチン、洗濯機まわり(掃除用具など)と片付けて大満足なんですが、しょっちゅうめちゃめちゃになるオフィスも、やっとまともになりつつあります。案件が入ってきてから処理するまでの「流れ」を作れるようになったからです。

 大成功だったのがこのレター・トレイセット。
http://www.ikea.com/jp/ja/catalog/products/20087238

 書類を横に置くのは場所をとるのでいやだなーと思ったのですが、とても見やすいです。ポストから来た郵便物はすべて1番上に(未整理)、処理することが決まったものは2段目に(要処理)、処理したもの(処理済)は一番下に。これで流れを作ります。
 一番上には何でも入れます。たとえば今、封筒から出した講師料の現金が入っています。ひどいねー。でも机の上に置きっぱなしよりはよい。そこからあらためて財布に入れる。流れができる。

 カタログを見ると、「オーガナイザー」と書いてあるのですが、整理整頓とはまさに、ものの流れをオーガナイズすることなのね。
 そして流れを作るというのは、口に取り入れてから分解して必要なものを吸収して、いらないものを捨てることと、まさに同じなんですね。
posted by 石とも at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | スペクリ&お片付け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。